元祖【不動産作家】の生涯学習日記

不動産は生涯学習。 不動産から観る自己啓発。 建築もQOLも地盤、基礎作りから。

No.203:旅館業への投資

元祖【不動産作家】の生涯学習日記
No.203:旅館業への投資
2018/01/15

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

f:id:arlo:20180114052919j:plain


昨日は、民泊とホテルは
「競合しない」
と言いました。

ただ例外があります。
ホテルも変わってきていて、
民泊のようなホテルであれば、


それは、コンセプトが被るので、
「競合する」ことになります。

そういうホテルが、
大阪にできました。

Minn
https://minn.asia/

当然、こうした動きは加速していくであろうから、
長期的視点で言えば、
民泊とホテルは競合することになります。


そもそも、
民泊がここまで話題になるのも、
ホテルや旅館が、

時代の変化、
つまり顧客のニーズの変化に
気がつけなかったというのがあります。


いま、主要観光地で、

ホテルの建設ラッシュとなっております。

需要の変化に気がついたホテルは、
これまでのシングル、ダブルが客室の殆どを占める割合を
変更してくるでしょう。

そうなると、民泊も
ウカウカしているとホテルに負けてしまいます。


民泊、住宅宿泊事業、不動産賃貸業
への投資だけで考える時代は終わりました。


旅館業・簡易宿所への投資も、
当然に考え次の一手を考えないと、
事業経営は難しいということです。

   

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 ◯  今日の不動産公式  ◯

◆ 不動産賃貸業のみという考えは捨て、
  旅館業・簡易宿所への投資ということも意識し、
  事業経営をする時代に

◆ 民泊事業者も次を考えないと、
  ペンション(民宿)のような立ち位置になるだろう
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

 

民泊に強い!G不動産

株式会社G Property

不動産作家 田辺

 

Yahoo!知恵袋から来られた方

引き続きのご相談、お気軽にご連絡ください。

 

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40egs0988c

 

Google+ (G-House)
https://plus.google.com/+GHouse_Japan

 

YouTubeチャンネル(G-House)https://www.youtube.com/channel/UCSAoGARsP1_Gz7b-gv53e8A?view_as=subscriber